スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シャガール
2008 / 06 / 30 ( Mon )
ロマンチックな絵だと言われるけど。
ロマンチックってゆーより深い愛を感じる絵。

何につけてもあんましロマンチック系なモノが苦手なあたしが
はじめて好きになった画家で、
気分が↓↓↓なとき、パワーをもらったことも何度もある。
それは深い愛に満ちてるからなんだろうな。

と、こんなこと言うのもちょっとハズカシイ(笑)

学生の頃からストーカーのように
シャガール展があると聞くとひとりでも観に行ってた。
行くとポストカードやらをちょっとずつ買ってたら
結構集まっちゃって。

 DSCN0760.jpg

だってもったいなくて使えないじゃんねぇ~?(笑)
ニューヨークに行った時、
これまた著名な建築家の中では一番好きな
フランク・ロイド・ライトが造ったグッケンハイム美術館で
シャガールの油彩に感動して
画集やらポストカードボックスセットやらいっぱい買っちゃったり・・・

増える一方なのでフレームに入れて置いたり。
 DSCN0762.jpg

西側だから黄色いもので金運もよくなるかも♪

・・・とか。。。

3~4年くらい前にずっと行きたいと思っていた白馬美術館に行って、
リトグラフいっぱい堪能してきたよ♪

 DSCN0759.jpg

ショップで売ってた、これはポスターなんだけどね、もちろん。
でもいーんだ♪

音楽も絵画も自分が弱ってるときに力をくれたり
背中を押してくれたり。
そーゆうものを創り出せる人たちがうらやましいな。
スポンサーサイト
11 : 00 : 30 | 小春日和 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<半夏生 | ホーム | 裁縫部>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lacle.blog22.fc2.com/tb.php/85-04ee605b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。