スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
修学旅行 奈良ホテル
2010 / 12 / 03 ( Fri )
今回の旅は3泊4日。
1泊目はあたしの希望で飛鳥、あとの2泊は旦はんががんばってくれて奈良ホテルです。
なんてったって関西の迎賓館ですからねー、
あたしなんか泊まっていいんすかねー(笑)
でも泊まっちゃったもんね♪

DSCN3355.jpg DSCN3283.jpg

ちょっとカーブしたゆるい坂道を上る門からの長いアプローチ、
これもまた何とも言えない格調高さで、
玄関前に車を停めるとちょっとした優越感!おおー!すげー!
こーゆうとこが一般庶民なんだけど(笑)

DSCN3280.jpg DSCN3338.jpg
DSCN3256.jpg DSCN3253.jpg

フロントには人が多くて写真が撮れなかったのでこんな感じで。
古いホテルって和と洋のミックスがすごくステキだよねぇ。
重厚で趣のある階段を上り、レッドカーペットの廊下を奥へ奥へ・・・

DSCN3249.jpg DSCN3250.jpg

お部屋も雰囲気のあるクラシックなインテリア。
荷物置いてごちゃごちゃにしちゃいけないような、もったいないお部屋だよ~
お部屋のドアも、バスルームのドアも重厚な木製でノックするといい音がするんだ♪

あとは夕食!
一日目は和食をお願いしたのでホテルの和レストランにて。

DSCN3263.jpgDSCN3260.jpg
DSCN3261.jpgDSCN3262.jpg
DSCN3264.jpgDSCN3265.jpg
DSCN3266.jpgDSCN3267.jpg
DSCN3268.jpgDSCN3270.jpg

あたしはもちろん日本酒もいただき、ちびちびと、そりゃあもう、ちびちびと、
普段ではありえへん!くらいのペースで(笑)
(だってグラス1杯いくらすると思うぅー?ヒソヒソ・・・)
こう見るとよく食べました。
こんなふうにちょっとずつだと大食いの旦はんも満腹感が満たされたようで、
これから家でもこの手を使おうかと(笑)
めんどくさいからムリだけどぉー

いっぱい歩いて夕食も遅めだったので
奈良ホテルのお部屋を満喫する間もなく爆睡へ(笑)
明日も早起きだぞー!
(もうちょっとゆっくりしたいんだけど・・・)
そして翌日はかのレストラン三笠でのホテルディナーだぜ!
くぅーーーーーーーっ(≧▽≦*)
















スポンサーサイト
12 : 41 : 32 | プチバカンス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<修学旅行 三乃巻 | ホーム | 修学旅行 二乃巻2>>
コメント
----

おおおぉぉ!!

歴史を感じる 重厚感ある たたずまい。
写真だけで 伝わってきます!!!

五重塔とかドラマじゃなく 本物の歴史を
彼らは知ってるんですよね。

1300年って。。。
。。はぁ~  歴史は深いっす・・・

KOHALUさん 肌で感じることが出来て
脳みそが歴史にハイジャックされませんでした?笑
私は すぐに 「ござる」 とか 言っちゃったり 笑

大人の修学旅行いいな~♪
by: ママっち * 2010/12/07 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

+++ママっち+++
本当に、1300年も昔から同じ場所に建っていて、歴史上の人物も実際に見てるんですよねー、この建築物たちは。
そこに現代の自分たちが立っているっていうのが不思議で、奈良時代にトリップしたような気分になっちゃいましたよ~

あたしもすぐに影響されちゃうタイプで(笑)
「ござりまするよ」とか「~してたもれ」とか言って、いつの時代のどこの言葉か不明のへんてこ時代語使ったりしてましたよー(笑)

どうしても京都ばかりに目が行きがちなんですけど、奈良はすごくすてきで、もうちょっと長くゆっくり滞在して散策できたらいいのになーって思いました。

私もまた行きたいです~!大人の修学旅行♪
by: KOHALU * 2010/12/08 10:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

おお、奈良ホテル、すばらしいホテルですね。
外観は見たことあるのですが、
中の写真は初めて見ました。
和洋折衷な古い建物大好きで、
特に格天井大好きなのです。
我が家も無理をお願いして、
和室の天井を格天井風にしてもらいました。
でも、やはり本物とは質感が違いますね。
今度是非泊まってみたいです。
by: svetla * 2010/12/18 23:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

+++svetlaさん+++
遅くなってしまい申し訳ありません。

日本のクラシックな建物は和洋折衷が融合して素晴らしい独特の雰囲気ですよね。
やはり長い時間が経ってますます木の質感や色合いが増してステキになっていくんですね♪

和室を格天井にするなんてsvetlaさんは渋いですねー!
どちらかというとお城や大広間なんかに多い華やかなイメージの格天井ですが家の和室に使うと重厚でシックな落ち着いた雰囲気になるんでしょうね~♪

svetlaさんのお宅も時間と共に雰囲気が増して年毎味が出てゆくのも楽しみですね(^-^)
by: KOHALU * 2010/12/21 10:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lacle.blog22.fc2.com/tb.php/389-0cf4723b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。