スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アンティーク?
2008 / 10 / 02 ( Thu )
アンティークのものって古くて汚くなっていても
どこか風合い、年月を過ごした味わいが出ているから。

今売っている新しいものは、
50年後にいい味が出そう、ってあまり思えないのはなんでだろ。
安く、大量生産でメンテナンス不要で、
それは毎日の暮らしの中ではとっても便利であるけど。

     DSCN1039.jpg
昔ながらの座卓。
私が生まれるより半月前に亡くなってしまったおじいちゃんが、
若い頃に生まれ育った諏訪から今の土地に引っ越してくるときに持ってきたらしい。
塗装もなく、ものすごーく古びていたものを
父上が塗りなおしに出して、
その姿に一目惚れして、あたしがいただいちゃいました。

和風でもあり、エスニックでもあり。
これ、フランスっぽい真っ白なインテリアにも似合うだろうな~
なんと、懐が深いんだろう。

漆を塗ってあるから、
熱いカップや冷たいグラスを置きっぱなしにすると輪染みになってしまうし、
毎日拭いているから、テーブルの上側だけ色あせてきてしまってる。
だから何年かしたら、またメンテナンスに出さないといけない、
とっても手がかかる。
けど。
けど。

そんなとこも含め、
日々愛着が増してゆくんだよね。

会ったことはないけれど
時間を経て、おじいちゃんとちゃんとつながってる、
そんな大切な気持ちが、
ほのぼのと、この部屋の空気感を作ってる。
そんな気がする。





スポンサーサイト
09 : 36 : 54 | インテリア&雑貨 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ステーショナリー | ホーム | ほっこり季節>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lacle.blog22.fc2.com/tb.php/116-500d3973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。